D.I.N.G.O. HANDLING TEST

ノービスクラス

《NOVICE CLASS》 2004.7.18


合格証
 

D.I.N.G.O. System においてハンドラーの目標となり、イントロダクトリー資格の条件として国際的な基準とする事をその目的として、D.I.N.G.O. HANDLING TEST NOVICE(略してDHT-NO)は設定されました。
DHT-NO はD.I.N.G.O. 認定インストラクターの元で随時開催します。


■道具に関して

  • カラーにはチョークチェーン、ジャーマンチョーク等を使用してはならない。練習に使うことを否定するわけではないが、受験に際してはそれらの道具を使わなくてもできるレベルになっている必要がある
    マーチンゲールやリミテッドスリップカラー、ハルティ、ジェントルリーダー、ノンプル以外のハーネスは使用できる
  • リードは皮またはナイロン製で1.2 ~ 1.8m のもの
  • おやつを入れたトリーツバッグ、ポシェットを装着しても良いが試験の最中に開けてはならない

■その他特記事項

  • DHT-NO の資格はハンドラーと参加犬のペアに対し付与される
  • ハンドリング中の誉め方、リード裁きなども評価される

■採点方法

  • 100 点満点からの減点方法。
  • どれか1科目でも10 点満点中3 点以下だった場合は不合格
  • 合計点数が60 点以下の場合は不合格
  • 続行可能な場合は、途中の成績が合格に満たなくとも最後まで受験できる
  • 各科目の最低点は0 点とし、それ以下はない
  • 最後にジャッジから総評が与えられる
  • 採点表は参加者に渡される

項 目


1. 申告

  • ジャッジにエントリーナンバー/ハンドラー名/愛犬の名前を申告する間、犬をおとなしくさせておく
  • 犬は座っていても立っていても良い

2. 飼い主の横でおすわり

  • ジャッジの指示でハンドラーの横でオスワリをさせる(ヒールポジション)

3. ふせ

  • ヒールポジションからジャッジの指示でフセをさせる

4. 横についてお散歩

  • 折り返しを入れて往復30m 以上60m 以内のコースをリード付きで行き帰り共に普通速度で歩く
  • キューの回数制限はないが、頻繁で有れば減点される

5. 呼び戻し

  • ヒールポジションでマテをかけてリード分(約1.5m)離れ、ジャッジの合図ですぐそばまで呼び戻す
  • ハンドラーが犬のカラーを掴んで終了

6. おもちゃで遊ぶ

  • 対面してオスワリをさせた状態からジャッジの指示で遊びはじめる
  • おもちゃを手に持ち、犬とひっぱりっこで遊び、ジャッジの指示で離させる

7. 台の上で大人しくする

  • ジャッジの指示で犬を台に乗せ、大人しくさせておく
  • 犬に触れていても、支えていてもかまわない
  • ジャッジが犬を撫でる


8. 好きなトリックを行う-1

  • あらかじめジャッジに何をするか申告する
  • トリックは基本的に何でも良いが、認められる内容かどうかは申告時にジャッジが判断する
  • リードをはずしてはならないが、足で踏んでおくことは出来る

9. 好きなトリックを行う-2

  • あらかじめジャッジに何をするか申告する
  • トリックは基本的に何でも良いが、認められる内容かどうかは申告時にジャッジが判断する
  • リードをはずしてはならないが、足で踏んでおくことは出来る

10. 椅子に座って休む

  • ハンドラーは椅子に座り1 分間犬を足下で休ませる
  • その間スタッフやジャッジが話しかけるが犬が立ち上がってはいけない

戻る